診察科目 歯科

歯科

「抜かない」「神経を残す」

 虫歯治療をする際に留意しているのは、歯に対しての負担を抑えられるよう、なるべく「削らない」「抜かない」「神経を残す」ということです。

 

 削る範囲を抑えることにより、つめ物が必要になる面積を少なくし、銀歯などであってもなるべく目立たないようにしています。また、虫歯の進行状態によってはすぐには削らず、経過を見る場合もあります。

 

 患者さまの天然の歯を長く健康的に維持していくために、状態に合わせて治療方法を検討し、ご説明させていただきます。また、痛みの軽減にも配慮していますので、不安な方はご相談ください。